肥満と聞くと体重やウエストのサイズが大きいという印象がありますが、見た目では太っていない人でも実は肥満体質である隠れ肥満が最近は問題になっています。しかし、見た目では分からないのに、どのようにして隠れ肥満を判断するのでしょうか?また、隠れ肥満であることで、健康への影響があるのでしょうか。

今回は太っていない人でも起こりうる隠れ肥満についてまとめました。

肥満かどうかは体脂肪率で決まる

一般的に肥満度を表すのには、身長と体重から算出されるBMI指数が基準となることが多いのですが、筋肉は比重が高いため、スポーツ選手など筋肉の割合が多い人は体重が重くても肥満であるとは言えません。

逆に、BMI指数が正常値であっても、筋肉が少なく脂肪の割合が多い人は肥満であると言えます。つまり、肥満かどうかを判断するには、身長と体重のバランスだけでなく体脂肪率が重要であると言えます。

厚生労働省の「生活習慣病予防のための健康情報サイト」によると、体脂肪率は男性で15~20%女性で20~25%が「普通」、男性で25%以上女性で30%以上が「肥満」と判定されます。

肥満は糖尿病や高血圧、心筋疾患など生活習慣病をはじめとした多く病気の原因となりやすいので、健康を維持していくためにも肥満の予防は重要であると言えます。

隠れ肥満の多くは内臓脂肪が原因

体脂肪率とは体に占める脂肪の比率をパーセントで表したものですが、体脂肪はつく部位によって皮下脂肪と内蔵脂肪に分類することができます。皮下脂肪は皮膚のすぐ下につく脂肪で、皮膚の上からつかむことができ、プロポーションにもすぐに影響するので、外見から脂肪が増えたことが分かりやすい脂肪です。

一方の内臓脂肪は、腸の周りや腸を覆っている腸間膜の表面など筋肉の内側につく脂肪です。内臓脂肪のほうがエネルギーを消費する内臓や血管の近くにあるため、消費されやすいという特徴がああります。

しかし、内臓脂肪が過剰につくと、血中の中性脂肪の比率が高くなって高脂血症になったり、インスリンの働きが弱まって糖尿病の原因となることがあるので、内臓脂肪が多い肥満の人は注意が必要です。

外見は太っていないのに体脂肪率が高い人は、見た目に現れない内臓脂肪が多くついていることが多いと言われています。さらに太っていないからといって、食事制限や運動などのダイエットへの意識が低く、自分が肥満であると気づいていない場合が多いので、まずは自分の体脂肪率をチェックしてみましょう。

まとめ

見た目には太っていない人でも、体脂肪率が標準より高い人は内臓脂肪が多くついた肥満である可能性があります。皮下脂肪と違って、内臓脂肪が多いと、生活習慣病や心臓病のリスクが高まるので注意が必要です。